FC2ブログ

2019-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

 

プロフィール

あゆむ会

Author:あゆむ会
あゆむ会ホームページへ
ようこそ\(^O^)/
京都府の
大山崎・障がいをもつ人
とあゆむ会の
ホームページです。
宜しくお願いします。
お問い合わせは、電話075-953-9101 
あゆむ会事務局(西村)へ
●あゆむ会とは?


最新記事


最新コメント


検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター


向日が丘支援学校寄宿舎存続署名の報道

京都民報1月27日号で報道されました

京都府立向日が丘支援学校が開校50年以上経過して、
校舎建物の改築が予定されています。
ところが全面改築に合わせて、現在も教育的、福祉的にも
活用されている寄宿舎を廃止にするのではないかと言う話が関係者から出ています。
府教育庁は正式には廃止は表明していませんが、寄宿舎の存続方針は
表明していません。
多くの保護者、卒業生、教職員たちはこの間「寄宿舎の存続署名」に取り組み
1万3000筆を超える署名を集約して、1月18日に代表者が京都府教育庁特別支援教育課
に提出して、自分たちの思いを申し述べてきました。


191253.jpg
191256.jpg

191252.jpg

向日が丘支援学校の改築考える会署名提出1万3千筆

2019年1月18日・京都府教育庁へ
「寄宿舎無くさないで」、「意見を聞いて」と署名と申し入れ行動


1911801.jpg

続きを読む »

向日が丘支援学校の改築考える会の署名提出

向日が丘支援学校の寄宿舎を存続してください

学校の保護者の皆さんや教職員など多くの人たちの協力と共感を得て、
寄宿舎の存続を願う署名が一万名を越して集められました。
関係者の皆様のご努力に敬意を表します。
署名運動の代表者が府の支援学校教育課に署名を提出されるのを受けて
その報告集会が開かれます。
下記のビラをご覧になって是非ご参加ください。
もちろんどなたでも参加できます。
よろしくお願いします。

19182.jpg

19181.jpg





京都新聞1月1日号に掲載されました

平成が終わる、あゆむ会の30年前を振り返って
33年前、大山崎作業所は多くの先輩たちの努力によって立ち上げられ
保護者、職員、ボランティアなどと利用者たちの
力が継続して発揮され運営されていることをお喜び申し上げます。
京都新聞さんが平成が終わる30年間を振り返っての特集記事を書きたいと
当方に取材に来られました。
われわれのようなささやかな取り組みを記事にしていただき恐縮していますが、
2019年の1月1日号に大山崎での障害者支援の活動が取り上げられたことは
ありがたく感謝申し上げます。

1911.jpg

1912.jpg






乙訓の里の恒例年末イベント

2018年12月22日・「もちくれ」感謝祭

乙訓の里が今の地に移転して以来、毎年地域の皆様に
感謝の意をこめて行なっている「感謝祭」は今年は「お餅つき」と
「年の暮れ」をかけあわせた「もちくれ」感謝祭と銘打って行われました。
この日はあいにくの雨模様の天候で参加がやや鈍ったかもしれませんが
室内のイベントもあり、無料で提供されるつきたての美味しいお餅や
おぜんざいなどに参加者は舌鼓を打ちました。

1812221.jpg

1812222.jpg

またこのイベントの協力に、長岡京市で長年活動されている
市民ボランテイア団体の「くらしの応援隊」の皆さんも支援に
お越しくださいました。

12223.jpg






«  | HOME |  »

FC2Ad