FC2ブログ

2021-01

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

 

プロフィール

あゆむ会

Author:あゆむ会
あゆむ会ホームページへ
ようこそ\(^O^)/
京都府の
大山崎・障がいをもつ人
とあゆむ会の
ホームページです。
宜しくお願いします。
お問い合わせは、電話075-953-9101 
あゆむ会事務局(西村)へ
●あゆむ会とは?


最新記事


最新コメント


検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター


私ごとですが、入院、手術の初体験

長年だまし続けていたが、ついに腰椎手術の決断

202101.jpg


私ごとの記事で恐縮ですが、
2020年12月24日に椎間板ヘルニヤ、脊椎狭窄症、椎体滑り症の
手術を京都市立病院で受けました。

ここに至る私の歩行能力の悪化の自覚症状は、
既に20年以上も前から歩行時に現れる大腿部、下腿部の不快なしびれ感でした。
それでもハイキングに行ったり、毎日の散歩を心がけてだましだまし
「我が寿命よ、腰の手術の前に、終われ」という考えでした。

しかし、12月のはじめにちょっと腰を捻ったな、という時をきっかけに
右下肢に支持力が入らなくなり、右膝が崩れて膝を着きそうになり、
杖なしには街路の歩行が危険になってきました。

長岡京市内の開業医を受診し、そこではMRIが撮れないので、同じく
長岡京にある新河端病院を紹介されMRI受診したが、新河端病院では
脊柱手術は行っていないので、京都市立病院を紹介された。

同病院を受診し、担当医の話を聞き、私は1日でも早く、
正月までに手術してほしい
と、自身の「決意」を医師に伝えました。

あれほど手術から逃げていた自分としては、人が変わったみたいと
家族に驚かれました。
この時、自分は、ひょっとすると残る生涯は車椅子を
必要とするかもという現実的な恐れを感じていました。

年末の手術日程が決められてから、手術までの間に、
正直に白状しておきますが、
私はこの年(77才)になるまで入院、手術の経験もなく、
しばしば不安感から突然の動悸や体温が急上昇するような気分に
襲われ始めました。

もし、脊髄に手術ミスが起き、下半身麻痺になったら・・・どうしよう。
知り合いの身体障害の仲間たちは、明るく前向きに生きているじゃないか。
もっとはるかに大掛かりな手術を乗り越えて生きている人が多いじゃないか、
いい年をして何を恐れているのか、と自分に言い聞かせるのですが、
不安発作は理詰めでは抑えられませんでした。



202102.jpg

手術は、無事に終わったようです。
背中の骨に横穴を開けて
その穴から脊柱の中ではみ出している軟骨を除去したそうです。


202103.jpg

痛みは麻酔のせいで感じません。しかしながら、
術後も続けられる麻酔の功罪で
私は妄想に襲われました。

病院から手術に伴って発生する
「老人性のせん妄症」については説明を受けてましたが
この「せん妄」が現れたと思われます。

これは全く、理屈も何もありません。全く私の脳が初めて経験する
異変でした。普段の脳ではない、全く別の脳が大地震の発生のように脳のなかで
暴れ出すのです。


202105.jpg

この病室からの眺めで見える赤信号の光が
突然マグマの爆発になって目の前いっぱいに広がったりしました。
こう言う理屈も何もない「せん妄」が現れるのが恐ろしかった。

それと心のバランスを狂わせたのがコロナの感染防止のため
家族面会が禁じられ、人とのコミュニケーションもなく
1日を全く動けずただじっと放置されていることの恐怖と落胆。

ここでも知り合いの重度身体障害の人の人生を思わされるのでした。

しかし、強力な痛み止め(麻酔)のせいで翌日から起き上がり、歩行器で歩くという
リハビリが始まり、私は大晦日には退院しました。術後8日で自宅生活に戻れました。

術前の下肢の脱力も消えて徐々に歩行距離を伸ばしております。
それにしても、今のコロナとの関連はよくわかりませんでしたが、
医療従事者の皆さんが、過酷な労働をされていることは垣間見えました。

私の執刀医は毎日「具合はどうですか?」と病室をのぞいて
くださったが、その時刻は午後10時をすぎる時刻だったようです。
厚く感謝申し上げます。

病院関係の皆さまのおかげで、無事に生還できました。
また、一瞬ではありましたが、全身不随の身体障害というものが
いかに苦しい状態かが感じられました。

私ごとのお見苦しいものをお見せしました。

みなさん今年もよろしくお願いします。

(大山崎障がいをもつ人とあゆむ会・西村宗昭)


202106.jpg

2020600.jpg


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |