FC2ブログ

2019-02

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »

 

プロフィール

あゆむ会

Author:あゆむ会
あゆむ会ホームページへ
ようこそ\(^O^)/
京都府の
大山崎・障がいをもつ人
とあゆむ会の
ホームページです。
宜しくお願いします。
お問い合わせは、電話075-953-9101 
あゆむ会事務局(西村)へ
●あゆむ会とは?


最新記事


最新コメント


検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター


向日が丘支援学校の改築考える会署名提出1万3千筆

2019年1月18日・京都府教育庁へ
「寄宿舎無くさないで」、「意見を聞いて」と署名と申し入れ行動


1911801.jpg

1月18日午前10時30分に産業大学の「むすびわざ館」内に仮移転している
京都府教育庁門前に「向日が丘の改築を考える会」の代表者3名と
支援に駆けつけた旧教職員たちが集まりました。
段ボール箱から取り出されたのは

197.jpg

ずっしりと重い、「寄宿舎残して」の願い込めた1万3千筆の署名です。

198.jpg


皆んなで記念撮影をしてから、代表三名が教育委員会の特別支援教育課
に集まった要請署名1万3千筆を提出し、署名の主旨を課長補佐2名に申し入れしました。

1911802.jpg

191181.jpg
191182.jpg

その後長岡京市に帰り、バンビオの和室を借りて、
向日が丘旧教職員や、京都府立学校教職員組合役員や
文教担当の府会議員の本庄氏や長岡京市の市議も参加して
そこで代表者からからの報告を受けて参加者で意見交換を
しました。
向日が丘養護学校(支援学校)の寄宿舎が学校の建て替えで廃止されるのか?
様々な人が関心と心配を寄せてくれることに驚いているという報告や
卒業生とともに親子で参加した保護者は寄宿舎というものは子どもの成長にとって
福祉事業では代え難い存在だと発言されました。
いずれも寄宿舎は教育的機能で運営されていて、「一時的に預かる」という
福祉施設と質的に違うものだと言うことが強調されました。

福祉的機能とともに教育的機能が大きい寄宿舎は、障害を持つ子どもたちにとって貴重な存在です。
一層世論に訴えて是非とも寄宿舎の廃止を食い止め、新しい寄宿舎の発展を願います。
191183.jpg


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad