FC2ブログ

2021-01

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

 

プロフィール

あゆむ会

Author:あゆむ会
あゆむ会ホームページへ
ようこそ\(^O^)/
京都府の
大山崎・障がいをもつ人
とあゆむ会の
ホームページです。
宜しくお願いします。
お問い合わせは、電話075-953-9101 
あゆむ会事務局(西村)へ
●あゆむ会とは?


最新記事


最新コメント


検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター


私ごとですが、入院、手術の初体験

長年だまし続けていたが、ついに腰椎手術の決断

202101.jpg


私ごとの記事で恐縮ですが、
2020年12月24日に椎間板ヘルニヤ、脊椎狭窄症、椎体滑り症の
手術を京都市立病院で受けました。

ここに至る私の歩行能力の悪化の自覚症状は、
既に20年以上も前から歩行時に現れる大腿部、下腿部の不快なしびれ感でした。
それでもハイキングに行ったり、毎日の散歩を心がけてだましだまし
「我が寿命よ、腰の手術の前に、終われ」という考えでした。

しかし、12月のはじめにちょっと腰を捻ったな、という時をきっかけに
右下肢に支持力が入らなくなり、右膝が崩れて膝を着きそうになり、
杖なしには街路の歩行が危険になってきました。

長岡京市内の開業医を受診し、そこではMRIが撮れないので、同じく
長岡京にある新河端病院を紹介されMRI受診したが、新河端病院では
脊柱手術は行っていないので、京都市立病院を紹介された。

同病院を受診し、担当医の話を聞き、私は1日でも早く、
正月までに手術してほしい
と、自身の「決意」を医師に伝えました。

あれほど手術から逃げていた自分としては、人が変わったみたいと
家族に驚かれました。
この時、自分は、ひょっとすると残る生涯は車椅子を
必要とするかもという現実的な恐れを感じていました。

続きを読む »

 | HOME |