2018-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

 

プロフィール

あゆむ会

Author:あゆむ会
あゆむ会ホームページへ
ようこそ\(^O^)/
京都府の
大山崎・障がいをもつ人
とあゆむ会の
ホームページです。
宜しくお願いします。
お問い合わせは、電話075-953-9101 
あゆむ会事務局(西村)へ
●あゆむ会とは?


最新記事


最新コメント


検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向日が丘支援学校の改築考える会

改築数年後に・・・寄宿舎残そう

311.jpg

2018年3月31日午後1時半に長岡京市産業文化会館ホールに
向日が丘支援学校の保護者、生徒、卒業生、教職員や他校の教職員、町市会議員
教員OBなど70名ほどの人が集まりました。
「向日が丘支援学校の改築考える会」の第2回会合です。
会では舞鶴支援学校の学校づくりの経験やの経緯などの報告を聞いてたり
宇治支援学校の校舎見学の報告を受けました。
そのあとから、今もっとも懸念される「寄宿舎の存続」に話題が集中しました。

312.jpg

314.jpg

315.jpg

集会に参加した卒業生の二人の青年からは寄宿舎生活の貴重な経験が
ありありと語られたり、重度の子どもを寄宿舎に入れたお母さんは
その時に得た自信がその後の自立への道を開いた経験などが語られました。
寄宿舎が作られなかった学校があるから寄宿舎がある学校をなくしてしまう
ことで合わせるのでは、低い方へ低い方へ切り捨てて行くことになる。

障害を持つ子ども達の生活の力をつけていくために欠かせない
向日が丘支援学校の寄宿舎を存続させる声を署名にして集めよう
という申し合わせをしめくくりに行われました。
ご意見やメッセージは、下記アドレスまでお寄せください。
mukou.kaichiku@gmail.com


スポンサーサイト

 | HOME |  »

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。