FC2ブログ

2019-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

 

プロフィール

あゆむ会

Author:あゆむ会
あゆむ会ホームページへ
ようこそ\(^O^)/
京都府の
大山崎・障がいをもつ人
とあゆむ会の
ホームページです。
宜しくお願いします。
お問い合わせは、電話075-953-9101 
あゆむ会事務局(西村)へ
●あゆむ会とは?


最新記事


最新コメント


検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター


様変わりした「障害児学童保育〜放課後デイ」

各地に出来る放課後デイサービス
長岡京6箇所、大山崎に1箇所、向日市6箇所

196251.jpg
大山崎に今年開設した、みどりキッズクラブ(小泉橋近く)

今から35年ほど前になりますが、その頃までは障害児学校に通う子どもたちは
地域の小学校にあった学童保育にも入れず、放課後のみならず
春、夏、冬の長期の休みの期間は学校にも行けないので、友達にも会えず
家の中で過ごし、親も仕事にもつけないという状況でした。
この事態を切りかえていこうという機運が起こり、保護者やボランテア、
教職員が力を合わせて手作りの「障害児学童保育」を向日が丘養護学校の
校区にあった、それぞれの町で作り出していきました。
あれから35年。
障がい者に対する諸制度が大きく変化発展してきました。
もちろんさまざまの問題も起きていますが、障がい児の放課後や長期休業中の
制度も作られてきて「放課後デイ」は特に立ち上げの資格制限も容易であることから
各地で作られてきました。
またそれに伴って自主的に設立してきた向日が丘校区の自主運営の「障害児学童」は
その使命を終えて解散していきました。

続きを読む »

向日が丘支援学校の建て替え余剰地の将来計画

2019年5月 長岡京市が基本計画発表

かねてから議論が進められている京都府立向日が丘支援学校の
建物老朽化による建て替え計画で、現在大半が平屋立て校舎になっているのを
2〜3階立てにして、出てくる余剰地の土地利用について長岡京市が市の計画案を
発表しました。
ここで、市独自の計画として発表されているのは、現在光明寺近くにある老人向けの施設が
手狭になっているので、これを新築移転する。この事業は市独自の事業として行うとして
事業の進捗計画も明示しています。
一方その他の障がい者施設については、通所施設やグループホーム、発達支援センターなど
いくつかのものをあげてはいますが、いずれも長岡京市は土地の提供(貸与)はするが
建設や運営は民間法人に委ねるとしています。
 また、1万500を越す寄宿舎存続を願う署名運動に発展している寄宿舎についての論評
や態度は示されていません。
 現在まで通学、教育の保障という位置付けの寄宿舎については、府教委が学校や保護者の意見を
よく聞いて答えるべきものでしょう。
なお、将来構想の基本計画の冊子は長岡京市福祉課に直接行けばもらえます。長岡京市役所ホームページ
でも公開されています。
196231.jpg

196232.jpg

196233.jpg

かたる会で桂川イオンモールにお出かけ

まだまだ大変、JR山崎駅の階段

2019年6月15日、かたる会はメンバー9人とサポーター5人の合わせて
14人で大山崎から桂川のイオンモールに食事と買い物に出かけました。
やはり大変なのは、JR山崎駅の階段です。
3人の車椅子メンバーのうち2人は山崎駅を避けてエレベーターのある長岡京駅
に回りましたが、一人は山崎駅から階段の手すりを頼って乗降しましたがやはり
危険も伴い大変です。
1日も早く山崎駅のバリヤフリー化が望まれます。

196152.jpg

196151.jpg
196154.jpg
196153.jpg


わくわく18号の配布を開始しました

7月27日の集いに皆さん来てください
6月8日に事務局メンバーが手分けして、大山崎地域の会員さん宅に
2019年わくわく18号を配達しました。大山崎町以外の地域でも
会員になってくださっている方には郵送で発送します。

19060801.jpg

19060802.jpg


19060803.jpg

19060804.jpg



2019年6月恒例のイズミヤバザー開かれる

6月6日〜7日 イズミヤ長岡京店にてふれあいバザー

長岡京市のスーパーイズミヤさんの出入り口をお借りして
毎年乙訓福祉会(乙訓の里・乙訓楽苑)が主催をして
地域の障がい者事業所も一緒になって自家製品の販売をやっています。
今回は、乙訓若竹苑・乙訓ひまわり園・バスハウスさんが出店されました。
残念ながら以前のような出店スペースがなく、参加事業所も少なくなりました。
今回は、二日目の6月7日が雨降りになって屋外での展示が心配されました。
地域の皆さんに楽しんでもらえるこの地域の障がい者バザーの中でももっとも
伝統あるバザーです。
これからも地域の事業所が共同して継続発展されるように
期待をします。

19661.jpg

19662.jpg

19664.jpg

 | HOME |  »

FC2Ad