FC2ブログ

2021-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

 

プロフィール

あゆむ会

Author:あゆむ会
あゆむ会ホームページへ
ようこそ\(^O^)/
京都府の
大山崎・障がいをもつ人
とあゆむ会の
ホームページです。
宜しくお願いします。
お問い合わせは、電話075-953-9101 
あゆむ会事務局(西村)へ
●あゆむ会とは?


最新記事


最新コメント


検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター


コロナで見通しが立ちません。

あゆむ会の会報「わくわく」の
ゲラはできましたが・・・?


いつもの年なら、この五月連休時期には、
会報「わくわく」は各会員さん宅に配布をさせてもらっているのですが、
今年は、コロナの緊急事態で、夏、秋の行事予定がどうなるかを
計画して会報でお知らせすることができません。

行事計画以外の会報記事のゲラはできましたので
とりあえず、お知らせします。

コロナの見通しが出た頃に再度会報を完成させて
総会の日程、場所、内容を会員さんに配布します。

今回のものは、あくまでも仮りの内容ですので
よろしくお願いします。


20210429001.jpg

20210429002.jpg

20210429003.jpg

20210429004.jpg



20210429005.jpg

20210429006.jpg










向日が丘支援学校の仮移転先決定

京都新聞が報道、「現済生会病院建物を改築使用」
21491.jpg

21492.jpg

21493.jpg

記事から推測すれば、22年夏、つまり来年の夏から府に病院建物を
貸すことになります。
そこから学校用に改装をはじめて23年春からは病院跡に学校が移転
となり、今までの府教委の方針からみると、23年春には寄宿舎を閉舎することになります。
この学校が持っていた寄宿舎という機能を廃止にするだけでいいのでしょうか。
大きな疑問を感じます。

「大山崎やまびこ」さんに訪問

開所35年の「やまびこ」さん、立派に成長されました
大山崎町の役場から200メートルほど西国街道を
南に行ったところに地域活動支援センターNPO法人
の「やまびこ」さんがあります。
建物は元々は町立の保育所があったところです。
今は、建物を町から借りて運営されています。
「やまびこ」さんは35年前に大山崎に住む
たった一人の養護学校卒業生を住んでいる大山崎で
受け入れることを目指して障がい者の「共同作業所」
作りの運動が行われました。
最初は、通所者のひろみさんと指導員の山口さん
が、現在の「やまびこ」があるところの近くの
アパートの一室で産声をあげて、二人で歩みはじめました。
呼び名は、大山崎共同作業所でした。
共同作業所は、その後制度の変更などがあって
大山崎町の社会福祉協議会の組織に組み入れられたり
もしましたが、現在は障がい者地域支援活動のNPO法人
として運営され、通所者も12名に成長しました。
2131801.jpg



続きを読む »

コロナに負けず、お弁当出張販売

大山崎のJA(農協)さんがお弁当販売?
ではなく、障がい者事業所さんが出張販売に

大山崎のJAさんの前を通りかかると、JAと書かれたテントの下で
おいしそうなお弁当が販売されていました。
2131.jpg

続きを読む »

「旧中野家でコーヒーいかが」

卒業生のK君に声かけられて行ってきました
旧道の西国街道の調子八角交差点から北へ進んでいくと
立命館中学校に着くまでに旧中野家があります。
ここは長岡京市が所有者から寄付されて、今は
社団法人の「くらしランプ」が障がい者の通所事業所として
レストランや喫茶店をされています。
向日が丘の卒業生のK君が「中野家で働いてるから
一度のぞいてみて」という電話をくれました。
2021251.jpg
高級料亭風の塀が見えてきた。

続きを読む »

 | HOME |  »